人気ブログランキング |

能・藤戸

10月3日、名古屋能楽堂
d0344630_11235466.jpg



d0344630_11254722.jpg

10月定例公演事前学習講座
  • 講師:神戸女子大学古典芸能研究センター非常勤研究員 大山範子先生
  • 藤戸:作者不詳。観世元雅説もある。
  • 上掛り:笛・小鼓・大鼓。(下掛りは太鼓が入る)
  • 前半のシテは佐々木三郎盛綱に殺された浦男の母、後半のシテは浦男の霊。
  • これを一人の役者が演ずるのがこの曲の特徴。


10月17日、定例公演。珍しく夜公演。
d0344630_21022665.jpg



d0344630_17252578.jpg

d0344630_11254744.jpg
  • 狂言:狐塚(和泉流)
  • 能:藤戸(宝生流)
  • シテ:衣斐正宜
  • ワキ:高安勝久ワキ方高安流能楽師。高安流十四世宗家。)
  • ワキツレ:椙元正樹
  • アイ:鹿島俊裕
  • 笛:大野誠
  • 小鼓:後藤嘉津幸
  • 大鼓:河村眞之介

d0344630_20550231.jpg
前シテ・深井(The Noh.comより)

d0344630_20550257.jpg
後シテ・痩男(The Noh.comより)

能「藤戸」には母と子の情愛が描かれている。
戦の不条理、理不尽さも。
前解説の和久荘太郎さんは、戦を庶民の側から描いた「反戦もの」という見方もできると言われた。
まだ6曲目の能鑑賞だが「藤戸」には心を揺さぶられた。

data
曲:藤戸
作:不肖
原典:平家物語
分類:四番目物、執心男物
前シテ:浦男の母
後シテ:浦男の霊
ワキ:佐々木三郎盛綱

***

ところで、不肖私は名古屋能楽堂しか知らないので
能楽堂に音声ガイドがあるのは当たり前と思ってました。
事前学習会の大山先生から、名古屋だけと聞きました。
そうだったのかー、名古屋能楽堂エライじゃん。
先生は能の初心者やには名古屋を勧めているそうです。
英語チャンネルもあるしね!





by bananapesce | 2015-10-17 19:29 |
<< 隼人池・朝練 隼人池・朝練 >>