人気ブログランキング |

隼人池・朝練

霜月朔(ついたち)の隼人池。
d0344630_23474419.jpg
ナンキンハゼが色づき、
d0344630_23474439.jpg
空に月が残る・・・
d0344630_23474465.jpg
葦原は枯色。

先遣隊の後、隼人池ではカモ軍団の姿を見ない。
選考にもれたのか・・・

d0344630_23474498.jpg
d0344630_23474427.jpg
カイツブリ君が見せてくれるのは、
いつもの後ろ姿。

d0344630_23474468.jpg
葦原の脇の蓮も枯れ姿。(柳の向こう)

d0344630_23474408.jpg
d0344630_23474599.jpg
d0344630_23474593.jpg
d0344630_23475994.jpg
池のアウトレットにセグロセキレイ。
白黒でキメている。

d0344630_23480036.jpg
d0344630_23475973.jpg
サクラの枝には越冬芽。

春まで花芽を包む越冬芽は、アブシシン酸という物質によって作られる。
葉は、夜が長くなるとアブシシン酸を生成して芽に送る。
その役目を果たしてから葉は落ちる。

台風や虫等の影響で秋になる前に葉を失うと、
アブシシン酸ができなくて越冬芽が作られない。
そうするとサクラは秋に開花してしまうのだ。
時々秋に咲くサクラがあるけど、そういう理由らしいです。
(田中修著「植物はすごい」より)



by bananapesce | 2015-11-01 23:48 | 隼人池
<< カリフラワー(ホワイトパラソル... コールラビ(ビアンカ)/15-... >>