人気ブログランキング |

はてなの火鉢

d0344630_16233362.jpg
冷え込みが厳しくなって、火鉢を思い出した。
これは蹴駄マシーン君が、解体される古民家から救出したもの。
それをひとつ譲ってもらった。

直径は外側で20センチ弱の円筒形。
いわゆる「手あぶり」という種類。
上方落語の「くしゃみ講釈」で唐辛子の粉を焚べたのは
こういう火鉢だったに違いない。
d0344630_16233391.jpg
灰は、この火鉢にもともと入っていたもの。
白くてキメ細かく、素人目にもかなり良い灰だと思われる。

それに見合う炭を入れたいが、すぐには入手できないので
ホームセンターで買ってきたBBQ用の備長炭を、
同じくホームセンターで買ってきた火起こしで着火する。
d0344630_16233339.jpg
備長炭とは名ばかりで、火起こしの中でバリバリと爆ぜる。
キッチンに炭の欠片が飛び散った。
かなり危険。
慌てたので写真なし。
今度は茶道用の炭を買おう。

d0344630_16233481.jpg
なんとか炭に火がついた。
手をかざすと懐かしい熱さを感じる。


d0344630_16233324.jpg
やりたかったのはコレ。


***

ところでこの火鉢、
譲ってもらったきっかけは、
友達からもらった羊草の種を栽培することだった。

そのつもりで水を張っておくと
一晩で水が半分ぐらいになってしまう。
持ち上げてみるとぽたり、ぽたり、と水が漏る。
日に透かしても、裏返しても、穴もひびもないのだが・・・
それで、「はてなの茶碗」ならぬ「はてなの火鉢」となった次第。


by bananapesce | 2015-12-20 17:08 | モノ
<< 移転のお知らせ 隼人池朝練。・・・この鳥は? >>